ホーム ≫ 事業成長支援 ≫ 知的資産経営支援

知的資産経営支援

知的資産経営支援とは

知的資産経営支援

自社の強みを「見える化」して
選んでもらえる企業をめざす。

事業の中には、決算書には表せないが、確かに会社を支えている強みがあります。
人材、チームワーク、技術力、ノウハウ、外部との信頼関係などそれらを知的資産を呼んでいます。
知的資産を把握し、活用していく知的資産経営を支援します。
発信ツールとしての報告書作成支援も行っています。

こんな効果が得られます

カリキュラム

~ 事前打ち合わせ ~

報告書作成の目的を
明確にする
・作成目的の明確化
・作成チームの検討
・日程調整

次

現状把握
自社の強みを
しっかりと認識する
回目 ・作成目的、経営理念
・沿革・業務内容の再確認
回目 ・業務プロセス、沿革から知的資産の
 掘り起し
知的資産と顧客提供価値の
関係を見える化する
回目 ・知的資産の内容整理
回目 ・価値活用ストーリー

次

将来像の構想
経営方針を明確にし
管理指標を特定する
回目 ・事業環境分析
回目 ・経営戦略
・価値創造ストーリー
回目 ・目標指標の設定
報告書としてまとめる 回目 ・報告書校正→完成

報告書作成の手順

各テーマの進捗を下記の4つの手順を繰り返しながら、報告書を作成していきます。

手順1 毎回のプロジェクトミーティングで報告書掲載の内容を検討する
手順2 検討した内容を、社内ミーティングで報告書のフォームにまとめていく
手順3 まとめたものを支援者に送り、修正アドバイスをもらう
手順4 修正アドバイスを反映させたものを次回のワークショップで確認する

オフィスウエダセミナー情報

  • 事業成長支援
    • 知的資産経営支援
    • 経営診断・創業支援
  • 人材育成支援
    • 女性・若手リーダー研修
    • ビジネスマナー研修
  • プロ講師養成支援
    • 実践!プロ講師養成ゼミ
    • インストラクション研究会
オフィスウエダのモットー
?